交通事故の被害に遭われ示談交渉でお困りの方へ

 

交通事故の被害に遭われ示談交渉でお困りの方へ

 赤信号で停車中に後続車から追突された。歩行中や自転車で走行中に路外から車道に進入してきた車がわき見していたのでぶつかられた…など交通事故の起きる類型は様々であり、いつどこでどのような形で発生するか分かりません。
 このようにある日突然交通事故の被害に遭った方の中には、今後の流れなどもよく分からぬまま加害者の加入する相手損保との交渉を進めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 交通事故の治療が終了した時期に、相手損保から示談金が提示されます。交通事故後の交渉手続を被害者ご自身でなされている方の中にも、相手損保からの示談金が提示された段階で『正当な賠償を受けられているのか分からない』など交渉に関する疑問や不安から弁護士へ相談に来訪される方がいらっしゃいます。
 一般的には交通事故に遭われ、お怪我などをされた場合には、交通事故の治療が終了したのちでなく、交通事故直後からでも早めに弁護士に相談されることをお勧めします。
 交通事故の被害に遭われお怪我などをされた場合、怪我に対する治療費クスリ代だけではなく、その怪我により仕事を休まざるをえなかったために生じた休業損害や、通院慰謝料、逸失利益など治療費だけではない損害が生じております。
 その損害の算定基準などを知らぬまま交通事故の示談交渉の経験や知識の豊富な相手損保の担当と直接ご自身が窓口となって示談交渉を進めていくと、被害者側が正当な賠償を受けられていないことにも気づかぬままに示談を取り交わし、交渉が終了してしまうかもしれないからです。
 また、交通事故の示談交渉は弁護士のなかでもその経験や知識によって受け取ることのできる示談金に差が生じると言われている分野ですので、弁護士への相談を検討されている際は交通事故交渉に強い弁護士への相談をお勧めいたします。菅藤法律事務所は福岡で交通事故に遭われた方の示談交渉を長年にわたり行ってきました。1階に無料駐車場もありますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001