死亡事故に強く親切な弁護士をお探しのご遺族に

 

死亡事故に強く親切な弁護士をお探しのご遺族に

 ある日、突然人の命を奪うことも毎日のようにニュース報道されている交通事故。
 ある年の警察庁の発表によると、1年間で全国で43万件の交通事故が発生し、交通事故が要因となって亡くなられた方が3500人余、警察庁が保有している1948年以降の統計で最少となる人数であったと発表されています。年を追うごとに死亡者数は減少しています。
 こうした死亡者数の減少の背景には、昨今のクルマの機能の向上、死亡までの時間を延ばす医療技術の向上(交通事故統計では24時間以内の死亡を死亡者にカウントしているそうです)、飲酒運転の撲滅など交通マナーを向上させる取り組みなどが複合作用しています。
 とはいえ、大切な方の命が死亡事故により奪われるという状況は今日でもなお止まることなく発生しつづけています。
 突然、死亡事故により大切な方の命を奪われたご遺族の方は、深い悲しみにつつまれるなかで、大切な方の命を奪った死亡事故に関するさまざまな手続きの対応に負われることが多いはずです。
 その中でも、交通事故の賠償に関する交渉は、同じ弁護士であっても、その知識や経験により差が生じることが多い分野であると言われているため、仮に弁護士に頼らずこれらの手続をご遺族自身が行うこと自体に多大な精神的な負担に感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。
 福岡市の弁護士菅藤はこれまでに、多数の交通事故の相談を受けてまいりました。その中では、死亡事故により亡くなられ方のご遺族からの相談やご依頼を受けたこともございます。
 経験や知識が豊富な弁護士に交渉を依頼することにより、死亡事故の交渉に関して不安を抱くことや、また直接的な死亡事故の手続き対応に負われることも少なくなり、交渉に対してご遺族の方々が抱える様々な負担を軽減させることができるのではないでしょうか。
 ご遺族の方々のお気持ちに寄り添った対応をしておりますので、死亡事故の対応でお困りの方は、安心してお気軽に福岡の菅藤弁護士までご相談ください。1階に無料駐車場がありますので、複数名で来訪されるにも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001