人身事故の示談は弁護士にお任せください

 

人身事故の示談は弁護士にお任せください

 車を運転中に急に後ろから追突されたり、歩行中に自動車にはねられたり、人身事故に遭遇し、怪我を負ってしまうことは誰もが避けたいものです。とはいえ、自分ではどんなに細心の注意を払っていても、思わぬタイミングで人身事故に巻き込まれてしまうことがあります。

 人身事故の被害に遭ってしまった場合、怪我の度合いは様々ですが、肉体的・精神的苦痛を受けてしまうことに変わりはありません。人身事故による怪我はきちんと治るのか、これからどう対応していくべきなのか、慰謝料はいくらが妥当なのかなど、不安は尽きません。
 
 そんな状況の中で交通事故の相手損保から示談提示されても、果たして人身事故による損害賠償の金額はそれで適切なのか、痛みも続いているのに怪我が治っていないのにこれで終わりで本当に正しいのか、と心配になることでしょう。そんな時には、不安を抱えたまま示談をしてしまうのではなく、人身事故に強い弁護士に相談することを強くお勧めします。

 それに、人身事故後、症状は目に見えないけれど、後遺症が残ってしまうようなケースもあります。後遺症が残ってしまわないよう、交通事故後に最大限の治療を受けることがまずは重要となりますが、それでも後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害の認定を受けるべきです。
 人身事故の示談交渉を福岡の弁護士に依頼するメリットは、損保会社との面倒なやりとりから解放され、精神的な負担を軽減できることだけではありません。重度の後遺症が残ってしまった時ほど、法律や医学の専門知識が必要となってくるため、知識と経験が豊富な福岡の弁護士に相談すべきなのです。

 そのほか、人身事故の場合、弁護士に依頼することにより、慰謝料などの増額が期待できます。慰謝料は、人身事故によって受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金で、自賠責・任意保険・弁護士の3つの基準があります。慰謝料に関しても、弁護士に依頼して示談交渉する場合の基準が交通事故では最も高額となります。
 菅藤弁護士は福岡で人身事故に遭われた方の示談交渉を長年おこなってきました。お気軽に菅藤法律事務所にぜひご相談ください。1階は無料駐車場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001