交通事故で慰謝料をしっかり獲得したい福岡の皆様へ

 

交通事故で慰謝料をしっかり獲得したい福岡の皆様へ

 ある日突然、交通事故の被害に遭ってしまうと、その瞬間から日々の生活は一変します。交通事故後の怪我により痛みが続くことへの苦痛、仕事を休むことによる生活への影響、逆に仕事をやすやすと休めないことによって溜まる疲労 、通院のため生活リズムが変わってしまう苛立ちなどがつきまといます。交通事故の被害者には計り知れない心身的な負担がかかってしまいます。それと同時に後遺症が残ってしまったら…といった不安も大きくなることでしょう。交通事故の被害者が事故前のように安心して生活を送れるようにするためにも、加害者への賠償金請求が重要になります。
 交通事故における損害賠償請求を行う場合に、具体的な内容を把握している人は案外少ないのではないでしょうか。損害賠償の項目としては治療費、通院交通費、休業損害、入通院や後遺障害の慰謝料、逸失利益などが挙げられます。加害者付保の保険会社が妥当であると判断した金額が被害者の状況に合わせて金額算出され、支払われることになります。ただし、交通事故の賠償額は精神的苦痛の代償であり、損害の大きさにより変動します。
 交通事故の賠償や示談交渉の際には聞きなれない言葉がたくさん飛び出てきます。これを理解せずに示談に応じて慰謝料を受け取ってしまうと、後々、問題が発生することも考えられます。そのため、交通事故の被害に遭った時には、正当な賠償金を受け取るため、法律のプロである弁護士に早めに相談することをお勧めします。
 交通事故により怪我をした場合には、治療による苦痛、後遺症が残ったことによる苦痛に対し、慰謝料が請求できます。この慰謝料も保険会社の基準額と、弁護士に依頼をした時の基準額に大きな差があるのです。しっかりとした補償を受けるためには、弁護士基準での慰謝料を受け取るべきです。
 福岡は、全国的にみると交通事故の発生件数がいまだワースト3位であるのが現状です。菅藤法律事務所では20年以上、地元福岡をはじめとした、主に九州各地の交通事故の案件を解決してきました。交通事故の人身被害者で慰謝料をしっかり獲得したいとお考えならば、福岡の交通事故に強い弁護士、菅藤法律事務所へぜひともご相談・ご依頼ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001