自動車事故の示談交渉はぜひ弁護士にお任せください

 

自動車事故の示談交渉はぜひ弁護士にお任せください

 

 自動車事故が発生した時、加害者側は自己の
自動車につけている任意保険会社を介して
示談交渉を行ってくるのが一般的です。

 他方、被害者側は歩行中や自転車運転中の自動車事故のみならず、
たとえ自動車を運転している最中であっても、
自己の自動車につけている任意保険会社が
示談交渉に動いてくれることは原則ありません。
 任意保険が被害者側についていても、交通事故の被害者側の示談代行をその任意保険会社が行うことは弁護士法で禁止されているからです。

 そのため、自動車事故の被害者は、つい加害者側の
任意保険会社のペースで示談交渉を
任せてしまうケースが多くみられます。

 自動車事故の被害者にとって、怪我の治療に傾注し、早期の社会復帰を
目指すことは大切です。
 それと同時に、今後の賠償額を決める上で、
とても重要な位置を占めるのが示談交渉です。

交通事故 一般に自動車事故の損害賠償を解決する場面でその90%が示談交渉で解決していると言われています。
 問題は、示談の後で想定外の後遺障害が出たり、自分の取り決めた示談金額が本来の適正な価格より低かったとしても、それを理由に、被害者が加害者に改めて賠償請求することはできないことです。

 ですが、自動車事故の示談交渉の相手は保険会社の担当者でいわばプロです。プロ相手の交渉を素人が徒手空拳で
進めていくのは非常にリスクが高いです。
 自動車事故の被害者には、交通事故に
強い弁護士に示談交渉を早めに依頼する
ことをおすすめします。

 弁護士に自動車事故の示談交渉を依頼
するのは敷居が高いと思われがちですが、
近年、自動車保険や火災保険の特約に、
弁護士費用特約を付加したものが多くみられます。
 この弁護士費用特約を使えば、
自動車事故の示談交渉の際の弁護士費用は
たいてい特約でフルカバーされるので、
安心して依頼することができます。

 専門家からの適切なアドバイスだけでなく、
大きな味方を得たという安心感は、
自動車事故の示談交渉に臨むにあたり、
被害者にとって何事にも代えられない精神的な
支えとなるのではないでしょうか。

 菅藤法律事務所は20年以上にわたり
2000件以上の交通事故を取り扱い、
自動車事故の示談交渉も多数承っております。
 交通事故で人身被害を被られた方は、お気軽に
菅藤法律事務所までご相談に来られることをお勧めします。

 

 

 

 

自動車事故 示談交渉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001