久留米市でご家族が死亡事故に遭われたご遺族の方へ

 

久留米市でご家族が死亡事故に遭われたご遺族の方へ

 久留米市は30万人以上の人口をかかえており、
残念ながら毎年数名の死亡者が交通事故で生まれています。
 全国の警察統計では、死亡事故は横断歩道のない
車道を横断中に多く発生していると公表されていますが、
死亡事故の原因は歩行者が自動車にひかれるという形ばかりではありません。

 自転車通学の生徒の多い、久留米市内の全国的に著名な
中高一貫進学校でも、死亡事故ではありませんが、
毎年数名の学生が交通事故に巻き込まれているそうです。

 自転車運転中も死亡事故の原因となることがあるのです。
 道路が狭かったり、学生が多いため交通量も重なり、
特に朝の通学で急ぐあまりに安全確認不十分で出会いがしらの衝突事故が主な原因です。

 久留米市は筑紫平野に属し平らに広がる土地なので、
自転車を利用している人も非常に多く、自転車の運転には
気を付けないといけません。

 福岡県内では、お盆前の7月末から約1か月間で
交通事故による死亡者が10人と発表されていました。
 その約6割が高齢者だったそうです。

 自動車の飲酒運転は少しずつ減ってきていますが、
スマホを見ながらなどの脇見運転が増えているそうです。
 他県ではポケモンゴーを見ながらの危険な運転で交通事故が起きたことがニュース
報道されていました。悲しい限りです。

 交通事故で不幸にもご家族が死亡事故に被害に遭われた
遺族からよく聞かれるのがこういう言葉です。
「保険会社の慰謝料提示額に納得がいかない」
「過失割合の提示額に納得がいかない」
「加害者の誠意を感じない。」    

 交通死亡事故に対処するには専門知識や豊富な経験が必要です。
 菅藤法律事務所の弁護士は一人で交通事故の画期的な判例も多数獲得しております。
死亡事故など悲惨な事故について、獲得金額を
サイトに載せて広告として利用されることは
やめてほしいという遺族もたくさんいらっしゃいます。
その気持ちを十分に汲んで誠実に対応させていただきます。
 事務所1階に無料駐車場完備しております。
交通事故を20年以上2000件以上解決してきた、菅藤弁護士に
お気軽にご相談下さい。

 

 

久留米 死亡事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001