筑紫野市の死亡事故被害のご遺族へアドバイス

  筑紫野市の死亡事故被害のご遺族へアドバイス

 筑紫野市は佐賀県に接し、博多の奥座敷と称される二日市温泉があります。
 筑紫野ニュータウンの開発や、JR二日市駅・西鉄二日市駅を擁し、その人口も増加傾向にあるものの、古くからの街並みがそのまま残っているため、道路幅員の狭い箇所も非常に多い場所です。

 そのため、筑紫野市で死亡事故が起きることもあります。交通事故
 例えば、夕方、筑紫野市二日市中央の県道の横断歩道でないところを渡ろうとしていた小学生が、道路を走行していた自動車にはねられるという、悲しい死亡事故が以前起きました。

 

また、死亡事故として記憶に残るのが、市内の国道3号線での乗用車と軽乗用車とトラックによる多重事故です。この事故、乗用車が中央分離帯を乗り越え反対車線を走行していた軽自動車に正面衝突したというもので、衝突された軽乗用車を運転されていた方が亡くなり、事故を起こした乗用車を運転していた女性が重傷を負ったようです。

その他にも筑紫野市の交通事故で目立つのが交差点での事故であり、事故多発の交差点として警察でも注意を呼び掛けている場所があります。おそらく市内にお住いの方であれば誰もがその危険度を認知されているとは思いますが、近くにショッピングモールがあり、1日中混雑する地域であり、交差点の形状が五差路で高速道路の橋脚もあるため見通しも決していいとは言えない場所です。そのため、右折車と直進する車との衝突事故や追突事故などが多く発生し、軽傷・重傷、そして死亡事故となってしまったケースもあります。

|筑紫野市の死亡事故被害のご遺族へアドバイス

ご家族のもとに交通事故の連絡が入り、病院に駆けつけてもすでに亡くなっていたという事故や、救急病院に運ばれ手を尽くしたものの亡くなってしまう場合もあるでしょう。そして、ご本人の口から事故の様子を聞くことができないだけに、ご遺族は気持ちやり場に戸惑うことでしょう。

さらに、死亡事故の被害者のご遺族は、直後から悲しみに沈む間もないほど、いろんな作業に追われたり、いろんなところから連絡を受けて、初めてのわからないことだらけに頭を悩ませるのではないでしょうか。

特にご遺族が悩まされるのが、加害者側の保険会社との交渉です。ご遺族は何も手を付けられずにいたとしても、保険会社は事故の状況から被害者の逸失利益まで調査し、損害賠償の交渉に臨もうとするかもしれません。ご遺族は気持ちの整理ができないままに、交渉の場に立たされる場合もあるでしょう。そんな時は、弁護士に相談されてはいかがでしょうか。

特に、死亡事故は俗に死人に口なしと例えられるように、事故態様について加害者の言い分ばかりが通りやすく、悔しい思いをご遺族が抱えることもあります。

慰謝料含め死亡事故の賠償金は、被害者に過失がある場合、過失の分を控除して算出されるため、被害者の過失割合は賠償額を大きく変動させます。
 
 しかし、死亡事故の場合、亡くなられた被害者は何も語ることができず、それをいいことに、相手損保が加害者に一方的に有利な過失を強く主張してくることが珍しくありません。

 これに対し、福岡の交通事故に強い弁護士に依頼することで、相手損保の主張する過失を是正させることは珍しいことではありません。 死亡事故の場合は、交通事故に強い弁護士を見つけられるかどうかで、受け取る賠償金額も大きく変わってきます。

 福岡の菅藤法律事務所は、刑事裁判への参加など賠償金獲得以外へのサポートも充実しており、過去に、筑紫野市にお住いの交通事故被害者から依頼を受けた
こともございます。

 1階に無料駐車場がありますので、筑紫野市からお車で来訪されるのもご不便ありません。死亡事故に遭われたご遺族の心に寄り添います、きっと安心してご依頼いただけます。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001