福岡市東区でバイク事故に遭われた被害者の皆様へ

 東区は福岡市の北東に位置し、天神や博多など市の中心部から車で20分程度の近距離にあります。東区には大学も数多く存在するため、学生が多く住む地域でもあります。

 近年では香椎浜と海の中道の間に人工島「アイランドシティ」が建設されるなど変化が著しく、人口が特に増加している地域です。そのため、福岡市東区は通勤通学の時間帯は交通量も多く、バイク事故も後を絶ちません。

  内閣府の発表によれば、バイク事故による死亡者数は死亡件数が最大であった昭和63年と比較すると近年大きく減少しています。しかし、現在も日本でのバイク事故は交通事故発生件数の中で多くの割合を占めています。

|福岡市東区でバイク事故に遭われた被害者の皆様へ

 バイク事故はバイクを運転している本人自身の運転のミスを原因とせず、むしろバイク走行中に車線変更したクルマとの接触など車側の原因で惹き起こされる確率が高く、車側の過失による事故が全体の8割、転倒などのバイク側の過失による事故は2割程度です。
 つまり、バイク事故の場合、バイクの運転者が被害者となり、車側が加害者になることが多いです。治療のことならご相談ください。

 といっても、バイクは自動車と同じくらいの速度で走行しながら、自動車のようにシートベルトやエアバックで保護されておらず、身体が外部に露出し軽量であるため、バイク事故が起きた時には弾き飛ばされる度合いが大きいと言えます。

 さらに、自転車と比べてもバイク事故の方が走行中のスピードが出るため、そのスピードある乗り物から落下する際の衝撃も大きく、後遺症が残る重篤な怪我に繋がったり、最悪の場合死亡に至る危険が多いと言わざるを得ません。

 福岡市東区には突然のバイク事故に遭われてお困りの方もたくさんいらっしゃると思います。
菅藤法律事務所ではこれまで福岡市東区にお住いの方がバイク事故で被害者になられた際の依頼も数多く受けております。
 東区からの菅藤法律事務所へのアクセスはJRでも地下鉄でもバイク移動でも非常に便利ですので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

福岡市東区 バイク事故