自動車事故の示談は弁護士におまかせください

 

  自動車事故の示談は弁護士におまかせください

 

 自動車事故の人身被害に遭った場合、精神的な面は
もちろんですが、
経済的な面でも重い負担がのしかかってきます。

 今後の生活に大きく関わることも多く、治療費
のみならず慰謝料や休業損害、
後遺障害に関する補償など様々な項目に
ついて正当な金額を受け取る示
談を進めるべきです。
00-002

 ただ、一口に弁護士といっても交通事故被害の示談の
取扱経験数に
如実な差が現れることも珍しくありません。

 もし自動車事故に詳しくない弁護士に示談交渉を
依頼してしまうと、
損保会社からの賠償獲得の点だけでなく、労災保険や
健康保険や社会保険、

さらには、被害者自身やご家族が加入している保険による損害補填を
受け取り損なうこともあります。

 加えて、そもそも自動車事故の被害に遭った場合、
弁護士の助力なしで
示談交渉に臨んでしまうと、加害者側の損保会社が
先導する形で示談が
行われがちで、
慰謝料などさまざまな項目に関する十分な賠償額を
獲得しそびれ、
示談書作成後に後悔する羽目になりかねません。

|自動車事故の示談は弁護士におまかせください

 自動車事故でケガをこうむった被害者は慌てて
示談交渉を開始しては
いけません、タイミングをきちんと見極める必要があります。

 例えば、以後も治療を受ける必要があるのに
手っ取り早くお金が
必要だからと、不適切なタイミングで治療費負担を
打ち切った内容の
示談に応じてサインしてしまうと、
サインをした示談書に記された
時期以降の治療費を払ってもらえなくなり、
後々大変なことになります。

 治療を受ける必要がある時期いっぱいまで
通院し続け、それでもなお
後遺症が残る場合は症状固定時期をきちんと
見極めて対応していくという、
示談の基本を押さえての
交渉が大事です。

 自動車事故の被害者にとって示談交渉を
どのタイミングで開始すべきかの
見極めるために、早めに自動車事故に
詳しい弁護士に相談されるべきです。

 当法律事務所の菅藤弁護士は
福岡で交通事故の案件を20年以上取り扱い
2000件以上解決してきております。
 自動車事故の示談を考えている
被害者は、
ぜひ経験豊富な菅藤弁護士に安心してお任せ下さい。

 

自動車事故 示談 弁護士
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001