死亡事故の対処でお悩みの博多のご遺族は菅藤法律事務所にご相談を

 

死亡事故の対処でお悩みの博多のご遺族は菅藤法律事務所にご相談を

 博多区は福岡市を構成する7区のうちの1区であり、博多駅や博多港、福岡空港など福岡県の主要な交通網があることから、陸・海・空における福岡の玄関口として知られています。このような主要な交通網がある地域では人の移動や物流の動きも大きくなるため、その周辺の交通量は自然と多くなり、交通事故が発生する要因となってしまうこともあります。

 加えて、福岡の玄関口ということで他県から福岡に観光に来た博多区近辺の交通事情に不慣れな方がレンタカー等で移動を行うということもありますし、博多区近辺には会社や学校等も多くあるため、通勤通学の時間帯はさらに交通量が増え、車やバイク自転車等の運転の際はいつも以上に周囲に気を配る必要が出てくるかと思います。
 

 従って、どれだけ博多区で交通事故に巻き込まれないように気を付けて行動していても、交通事故に巻き込まれ、その結果死亡事故という取り返しのつかない事態に至ってしまうことがあります。いつどこで誰が巻き込まれてしまうかわからないというのが悲喜こもごもの人生というものです。

 例えば、博多区では自転車を降りて押しながら横断歩道を横断しているご老人が、対向方面から右折してきた車の前方不注視のためにはねられて死亡するという死亡事故がニュース報道されたりしています。
 

 交通死亡事故に遭った被害者のご遺族は、当然ですが、大切の方と突然の永遠の別れが訪れることで大変深い悲しみに包まれます。あまりに大きいショックにさいなまれ心身が不安定になり、死亡事故のこと含め何も考えられず、食事も手に喉を通らず不眠に悩まされ、全てに取り組む気が無くなってしまうことも珍しくありません。このように交通死亡事故の場合は、被害者のご遺族の方も精神的な苦痛を負う為、ご遺族にもまた精神的損害を加害者にを請求する権利が与えられます。

 また、交通死亡事故の場合、発生状況が加害者や目撃者のドライブレコーダーや事故現場近辺に防犯カメラ等があればその映像が記録されていることも昨今ふえてきていますが、他方、そのような映像記録がなく、実際の事故状況について加害者や目撃者の証言をもとにされることもいまなお珍しくありません。このような場面で被害者は亡くなっているために事故状況を証言することができないため、加害者の証言にひきずられ、過失割合が不当に設定され、適正な賠償金額より低い金額で賠償額が決まってしまうというようなケースもあります。

 交通死亡事故に関してお悩みのご遺族の方は、交通死亡事故に関して経験豊富で専門的な知識を有した弁護士へ相談されることをおすすめします。
 

 交通事故分野は弁護士の中でも弁護士それぞれの経験や知識の差が相手方から受け取ることができる賠償金額にダイレクトに反映されやすいと言われている分野ですので、ご相談の際は交通事故分野に詳しい経験豊富な弁護士に相談されることをおすすめします。

 弁護士に相談されることで、今後の手続に関する大まかな流れの説明やアドバイスを受けたり、疑問点を質問したりすることもできます。また、その後の交渉を弁護士に依頼されることで相手方との交渉などは弁護士が行うことになりますので、ご遺族の方の負担も軽減させることができるのではないでしょうか。

 福岡の菅藤法律事務所ではこれまで20年以上にわたり博多区やいろんなところにお住いの様々な方々から、交通事故案件のご相談を受け付けてまいりました。交通死亡事故に関してご遺族の方からのご相談も多数承っており、交通死亡事故による賠償金の獲得以外にも、刑事裁判への参加などのサポートなどご遺族の方々のお気持ちに寄り添った対応をさせて頂いておりますので安心してご依頼いただけます。交通死亡事故に関するお悩みを抱えていらっしゃる方はお気軽に福岡の菅藤法律事務所までご相談下さい。

 最寄り駅は福岡市地下鉄大濠公園(福岡市美術館口)駅ですので、博多から地下鉄やバスなど公共交通機関を利用してお越し頂く際のアクセスも良好です。お車でお越しの際も、当事務所1階に無料駐車場がございますのでお気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001