アンケート~福岡市中央区20代男性の交通事故(10級)

アンケート~福岡市中央区20代男性の交通事故(10級)

    今回の交通事故の補償問題につきまして、大変ご丁寧な接客対応をしていただき、本当にありがたく思い、深く深く感謝しています。〇×との交渉の仕方、進み方、ダンドリの方法など、やはり専門家であり、△▽さんを通して先生に依頼して間違いなかったと思っています。
事故から2年以上という長い年月が経過し、やっと終結となりました。交通事故は誰にでも起こりえることです。一人の人間の人生を大きく左右する事件だと思います。菅藤弁護士からは本件事故に関し、本当に素晴らしく確実な補償を受けることができました。私はこれから交通ルールを守り、2度とこのような交通事故に遭わないようにしたいと思っています。社会人としての自覚をしっかり持って真剣に生きていこうと思います。本当にありがとうございました。
160125福岡市中央区20代NK西山
弁護士菅藤の顧問先のご紹介でご依頼いただきました。幸い弁護士費用特約に加入されておられたので、重い後遺障害にも関わらず、弁護士費用の自己負担はありませんでした

ご依頼いただいた時点は退院直後で、入院中の病院の差額ベッド代の負担を巡って相手損保とのやり取りに疲弊されていたときでした。病院の主治医から個室利用を必要とする状況であったことの証明書を取り付けることで、差額ベッド代を相手損保に負担させることに成功しました。

その後、治療を重ねていったものの、中足骨骨折による足指の可動域制限と、両側閉鎖性外傷性血気胸による息苦しさという後遺症が残存しました。
前者については足指を1本1本測定してもらい、後者についてはスパイログラムによる呼吸機能検査の実施に、弁護士も病院に同行して立ち会い、その結果を踏まえて、15条請求のかたちをとりました。
その結果、併合10級の後遺障害認定を受けることに成功しました。そして、交通事故のため収入が一時的に途絶えたご依頼者の困窮を救うため、その等級認定に見合う自賠責支払分を先行回収しました。

ところで、この交通事故ではバイクを運転していたご依頼者にも相応の過失が存在しているケースでしたが、あいにく人身傷害保険には加入されておられませんでした。すなわち、ご依頼者の獲得額を最大化するにあたっては、後遺症による損害部分を最大化すると同時に、過失相殺による減額を最小化するという、2つの要請をバランスよく満たす必要がありました。

相手損保とその2つの要請をめぐって時間を要しましたが粘り強く交渉し、ご依頼者の獲得利益を最大化する内容で話し合いで解決することができました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001