ご依頼者の声です~福岡県遠賀郡岡垣町30代男性の交通事故

ご依頼者の声です~福岡県遠賀郡岡垣町30代男性の交通事故

   初めての裁判で大変不安でしたが、菅藤弁護士が親身に話を聞いて下さり、解からないことは詳しく説明して頂き、心強く感じました。
報告も素早く頂き、安心してお任せすることができ、裁判でも無事「過失なし」という事実が認められました。本当にありがとうございました。

 

131016福岡県遠賀郡岡垣町30男NT野村

 

   ご紹介でご依頼いただきました。交通事故発生状況の説明が、交通事故直後の現場でのやり取りから双方まっこう食い違う難件で、話し合いが決裂しての提訴でした。相手は、調査会社に自己の主張に合致する調査レポートをつくらせていたので、全く譲る様子がなかったからです。

ご依頼者の体験した交通事故は、ご依頼者が第1車線を普通に走行して第2車線の相手車両を追い抜こうとした直後に相手車両がハンドルを左に切り、ご依頼者に接触させたというものです。

しかし、交通事故の相手は、先に相手車両が第2車線から第1車線に左にハンドルを切っていたところ、第1車線の後方からご依頼者がすり抜けようとやってきて相手車両に接触してきたのだから、むしろご依頼者の過失がはるかに大きいと言い張ったのです。その主張に沿う調査レポートもつくられていたのです。

ドライブレコーダーもなく、交通事故発生直後の現場で双方の言い分が食い違っていたため、相手車両がトラックだったことからタコグラフによる速度解析、相手車両の左サイドミラーでの後方視認状況、相手車両の長さ、双方車両のキズの位置、これらの事実を組み合わせて、双方運転者尋問でも、相手の主張やそれに依拠した調査レポートが科学的に不合理であることを、あぶりだすことに成功しました。

物証を入手するのに思いのほか時間がかかったため、提訴から判決確定まで1年半かかりましたけれども、ご依頼者の言い分に即した認定を獲得することができて、本当によかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

tel-001