事故でお困りの苅田在住の方へ

交通事故の場合、事故を起こした加害者と巻き込まれた被害者の双方の説明が
一致するとは限りません。

もし、目撃者がいなければ、
どちらの説明に信憑性があるかを判断することになるでしょうが、
被害者が大きな損傷を負い、遷延性意識障害により
まったく事故の状況の説明などできないということもあります。
また、脊髄損傷などによりマヒが残り、
思い通りにしゃべれない、文字もかけないというケースもあるかもしれません。

交通事故により頭部の損傷がある場合は、高次脳機能障害が起こることもあり、
事故当時の記憶が確かでない場合もあるでしょう。
もちろん、被害者の方が亡くなられた場合は、
当事者として事故を起こした加害者だけが残っているわけですから、
その弁明にも釈然としないものが残ってしまうものです。

トラック

実は、福岡県の苅田町で発生した交通事故で、
トラック2台に轢かれるという死亡事故がありました。

苅田町は、自動車工場をはじめとして、
臨海工業都市として発展していることもあり、
道路・港・空港を利用した物流が整備されているため、
トラックなどの交通量もかなり多いはずです。

そんな苅田で、これまでに発生した交通事故の中でも、
2度もトラックに轢かれる事故ということで、大変痛ましい事故でした。

この苅田での事故と同じような交通事故は、日本のあらゆるところで発生しています。
夜間のひき逃げ事故で、
倒れている人物に気付かずに轢いてしまったという事故もあります。
さらに、高速道路で事故に遭い、車両を路肩に止めて車の外に出ていたところ、
轢かれてしまったという事故もあります。

責任のありかを争うような交通事故が多数発生していますので、
もし、被害者や被害者家族となってしまった場合は、
早い時期に弁護士に相談されることをお勧めいたします。
しかも、様々な交通事故事例を多く経験している弁護士を選ぶことお勧めします。
もちろん菅藤法律事務所では、これまで多数の案件を手がけておりますので、
苅田での交通事故は菅藤法律事務所にお任せください。