福岡市西区での交通事故の対応のことなら

スピードをだすと交通事故に

福岡市西区の道路事情を取り上げる時、
都市高速を無視しては語ることができません。

ご存知のように市内には、
福岡都市高速として空港線・香椎線・粕屋線・太宰府線、
そして市をぐるっと取り巻く環状線があるわけですが、
この環状線の中で最後に開通したのが
福岡市西区の福重JCになります。
それまでは、福岡都市高速は福岡市西区で分断され、
その影響もあり西区にも交通渋滞が発生しやすい場所がたくさんありました。
そして、交通渋滞が多い地域ほど、
交通事故の発生しやすい状況が生まれるものです。

もちろん、交通渋滞が多ければ車のスピードは出しにくいもので、
交通事故は起こりにくいと思われがちですが、
渋滞中の道路だからこそ発生することもあります。

たとえば、自転車が関わる交通事故の中には、
渋滞している道路を横切ろうとした自転車が車にはねられるケースもあります。
また、先を急ぐ車がイライラして、歩行者や自転車に気付かなかったために
交通事故が発生することも少なくありません。

交通事故は、明らかにスピードを出し過ぎていた車両、
あるいは飲酒運転や薬物摂取による運転などによって
怪我を負わされる場合もあれば、危険な運転は行っていないものの
運転者の不注意という形での交通事故も多いわけです。

ただ、たとえ危険な運転とまでは言えない状況だったとしても、
車との接触で大きな怪我を負うこともあり、
中には意識障害や脊髄損傷といった後遺障害が残ることも考えられます。
そして、後遺障害が残れば、その後の人生設計も大きく変わり、
中には経済状況まで様変わりすることも考えられます。

そんな時、被害者の力になれるのが弁護士であり、
被害者の味方になれる弁護士にご相談されることをおすすめいたします。
菅藤法律事務所は、市内に事務所を構え
福岡市西区での交通事故にも迅速な対応のできる弁護士事務所であり、
交通事故による死亡事例、あるいは後遺障害事例などを多く経験しており、
被害者の力になれる弁護士事務所です。

福岡市西区での交通事故の対応は、菅藤法律事務所にお任せください。