福岡市での自動車事故でお困りの方は

自動車事故が市内でどのくらい発生しているのかご存知でしょうか。高速道路での自動車事例を除けば、1年間に県全体で約32,000件以上の自動車交通事例が発生し、そのうち福岡市内での自動車事例は約10,000件ということですので、約3分の一ということになります。もちろん、多くが車両の絡む場合であり、自動車事故ということになりますが、その自動車事故の中でも自転車が絡んだ事例、あるいは歩行者が被害者となるような自動車事例の場合は、被害者の負う怪我が重傷であったり、自動車死亡事例となることも少なくありません。福岡市 自動車事故

たとえば市内でも東区では、貨物自動車が自転車をはねるという自動車事故がありましたが、被害者の男性が死亡しています。同じく東区で大型自動車に歩行者がはねられるという自動車事例が発生しましたが、自動車事故後病院に搬送され治療を受けたものの死亡したということです。もちろん、車両同士の自動車事故でも運転者や同乗者が死傷するような自動車事故は多いわけですが、特に歩行者や自転車に乗っている時に車にはねられるような自動車事故は、一瞬にして命を失ったり、高次機能障害が残るような状況になる可能性が高いということです。

そして、自動車事故後は怪我の治療だけでなく、加害者との交渉の苦労が大きくのしかかってきます。たとえば、自動車事故の被害者の立場であれば、加害者側の誠意を期待してしまうものですが、必ずしも期待に添うような対応がなされるとは限りません。菅藤法律事務所は、これまでも自動車事故案件を多く取り扱ってきましたが、弁護士への相談内容として、自動車事故の加害者側の誠意が感じられない、あるいは具体的に慰謝料の提示額に納得がいかない、後遺障害認定に不満があるといった内容のご相談が多く寄せられてきました。そして、そういったご相談に対して、丁寧な報告・連絡・相談を徹底して問題を解決に導いてきました。

自動車事故に遭われた時は、まずは弁護士に相談することをおすすめいたしますので、自動車事例訴訟に強い菅藤法律事務所にご連絡ください。