春日市でバイク事故の人身被害にあった方へ

 春日市では交通事故を未然に防ぐための呼びかけを行っています。
 交通事故というと自動車同士のイメージが強いと思いますが、バイクが当事者となるバイク事故も多発しています。バイクは車と違って、タイヤ2本で走行しているため、わずかなことでバランスを失いやすく、バイク事故を起こしやすいのは誰しも容易に想像がつくことだと思います。
 そのうえ、ヘルメットを装着しているとはいえ、車体の中にいてシートベルトで守られている車と比較すると、バイク事故の衝撃はかなり大きいものとなります。

 バイク運転中に気を付けていても、車に巻き込まれることで発生するバイク事故も頻繁に起きており、バイクに乗る人は車以上に慎重に運転しなければなりません。バイク事故は、自分が原因で事故を起こすのではなく、他人から巻き込まれるもらい事故が多いのも大きな特徴といえます。
 車の運転手はバイクのスピードを実際よりも遅く判断したり、バイクとの距離を遠く判断しがちです。それにより、右折時などに接近してくる対向バイクを見て、先に行けると考えて車が右折し、バイクと衝突するバイク事故がよく発生します。

 また、一般的によく言われているのは左側を走行するバイクは、車からサイドミラーの死角に入り、全く見えなくなることもあります。車の運転手は自分と同じように見えているはずと思い込み、相手が避けてくれるだろうと考えて漫然と走行すると、思わぬバイク事故に繋がってしまいかねません。

 どんなに気を付けて運転していても、突然思いもしないタイミングで、バイク事故に遭ってしまった時、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。弁護士に依頼することで、面倒なやり取りや不安から解放され、バイク事故により負ってしまった怪我の治療に専念することができます。

 菅藤法律事務所では、これまでにバイク事故による依頼を数多く受けてきました。春日市にお住まいの方からのご相談も過去にございます。春日市からのアクセスも良好ですので、お気軽にご相談ください。