自動車事故に遭遇した久留米の被害者のみなさまへ

 久留米市は福岡市・北九州市に次いで県内3番目に人口の多い都市です。また、久留米市の公共交通機関の利用者は全体的に減少傾向にある中で、自家用車保有台数は増加しており、車社会が進んでいるといえます。
 その久留米で、大善寺町宮本の交差点で乗用車と軽乗用車が出合い頭に衝突して、軽自動車が横転する自動車事故がありました。

 年末年始は、自動車事故が最も増加し、死亡者数も大きく他の月を上回る傾向にあります。年末年始の帰省ラッシュに伴う交通量の増加、降雪・路面の凍結などによるスリップ事故の増加が自動車事故の多発する要因として挙げられます。
 さらに、慌ただしさからつい運転が荒くなってしまったり、普段はあまり車を運転しない人が帰省のためにハンドルを握る機会が増え、自動車事故リスクが高まることも原因だと考えられます。
 夜間は特にドライバー、歩行者ともに視野が悪くなるため、人対車両の自動車事故が増加しやすいと指摘され、冬場は日を追うごとに日没時間が早まり、夜間が長くなる時期なので、重大事故のリスクがさらに高まります。

 自動車事故はある日突然、予期せぬ状況で起こります。いつどこで自動車事故に巻き込まれて、自分自身が治療を受けることになるかわかりません。実際に自動車事故に遭った場合、その問題解決のための知識があるとないとでは、天と地ほどの差があると言われています。

 そこで、自動車事故に遭遇した被害者は、経験と専門知識の豊富な弁護士に依頼することをおすすめします。法律に詳しく、被害者の利益になるよう的確なアドバイスをくれたり、代理人として法的な多続きを代行してくれる頼れる存在になるはずです。

 菅藤浩三弁護士は、福岡で自動車事故への専門的対応を20年以上経験し、2000件以上を解決している弁護士です。久留米にお住まいで自動車事故にお困りの方からも多くご依頼いただいております。自動車事故に強い福岡の菅藤法律事務所に是非ご相談ください。
 1階に無料駐車場もございますので、お車での来訪の際にご利用いただけます。