交通事故被害では紛争処理センターの利用も有用です

 交通事故の被害に遭ってしまい、適切な損害賠償額を受け取るためには加害者側と示談交渉を行う必要があります。交通事故の被害者のほとんどが、加害者本人ではなく、加害者側の損保会社と直接交渉を行うこととなります。
 損保会社は交通事故の示談交渉のプロであり、法律的な知識も豊富で、数多くの示談交渉をしているためノウハウも身に付けていますが、一方で交通事故の被害者となると法律的知識もなく、初めて耳にする専門用語に不安を抱いている方も多いことでしょう。

 交通事故に巻き込まれた時、どんな弁護士に依頼するかが、その後の成り行きを大きく左右することになります。弁護士の中には離婚問題に詳しい弁護士もいれば、刑事事件に詳しい弁護士もいるように、交通事故に強い弁護士もいます。
 依頼する弁護士が交通事故に強いかどうかによって、損害賠償額に大きく差が出てくるのは事実です。そのため示談交渉には、交通事故に強い弁護士に依頼をするのが最適といえます。

 依頼された弁護士は、示談交渉で解決する、裁判で解決する、というメニューのほかに、交通事故紛争処理センターを利用することがあります。
 交通事故紛争処理センターは交通事故の示談交渉による紛争を早期に解決するために、センター嘱託弁護士が、被害者と損保会社との間に立って中立公正に話し合いできるように斡旋してくれる機関です。交通事故による法律相談、和解の斡旋、和解がうまくまとまらないときには審査手続を行ってくれます。
 被害者本人が法律の知識がなかったり、交渉に不慣れであっても、紛争処理センターで適切に対応してくれますので、裁判と異なり、遅延損害金などの加算はなく、裁判基準よりも幾らか低いですが(九州では)、相手損保が無茶な低水準にこだわるときは、裁判でなくセンターを使って迅速な解決を狙うこともあります。

 菅藤法律事務所でも費用の面や短期で解決したいなどの事情から、裁判ではなく紛争処理センターでの解決を希望され、実際に弁護士が代理人となった依頼者の方も複数いらっしゃいます。依頼者お一人お一人の状況を踏まえ、納得いただけるような解決を目指して対応させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。