交通事故の人身被害には弁護士費用特約が非常に有効です

 交通事故に遭い、怪我をした場合、治療をしながら加害者や保険会社と示談交渉をしたり、損害賠償請求を行なったりするのは身体的にも精神的にも大きな負担となります。こんな時、弁護士に相談すれば交通事故後の示談交渉に費やす時間・ストレスなどから解放されるだけでなく、損害賠償金が増額することもあります。

 しかし、交通事故による示談のために弁護士に依頼すると当然、弁護士費用が発生します。交通事故後のトラブルに巻き込まれた時、法律上の手続を弁護士に依頼するのがベストだとわかってはいても、なかなか相談に至らない理由には「弁護士費用が高い」というイメージが根付いていることにあるのではないでしょうか。

 弁護士費用特約とは、任意保険に付随して加入するもので、弁護士に依頼して、交通事故の被害者が加害者側に対し、損害賠償請求を行う時などに生じる弁護士費用、法律相談料を保険会社が負担するといったものです。
 ■

 弁護士費用特約に加入している人は多いにも関わらず、実際の使用率はごくわずかに過ぎないと言われています。
 弁護士費用特約が利用されていない背景には、そもそも付帯されていることを知らない、付帯されていることは知っていても利用できるケースを知らない、交通事故の被害に遭っても自分で保険会社と示談・解決していることなどが挙げられます。

 そこで、交通事故の人身被害に遭ったら、まず弁護士費用特約が使えるかどうかをすぐにご自分の加入する損害保険会社に尋ねて、使えるならば怪我の軽重に関わらず、ひとまず弁護士に相談してみることをお勧めします。弁護士費用特約を利用しても保険料率はあがりませんのでマイナスは全くないと言っていいでしょう。

 菅藤法律事務所は、長年にわたり2,000件以上の交通事故の案件に取り組み解決してきました。弁護士費用特約に加入している人身事故の被害者は、福岡の交通事故に強い菅藤法律事務所へまずはお気軽にご相談ください。事務所1階に無料駐車場あります。