福岡での人身事故のご相談なら

 福岡県で平成28年に発生した交通事故の中で亡くなられたり負傷が伴ういわゆる人身事故に遭われた方は、約5万人に上ります。福岡県の人口は約500万人ですので、単純に計算するとおよそ100人に1人の割合で交通事故に遭っていることになります。

 交通事故が発生した時、少しくらいの接触であれば、人身事故ではなく物損として処理してほしい、さらには、責任をとってちゃんと賠償するので警察に届け出るのはやめてほしいと希望する加害者もいます。

 交通事故の被害者も、事故直後に、身体に見える傷もなく、強い痛みを感じなかった際は、人身事故ではないと判断して、警察への届け出をせずに、かつ、病院に行かずに済ませてしまうこともあります。

 しかし、交通事故直後は、興奮作用のため何も感じなくても、一晩寝てから、あるいは、数日経ってから痛みや痺れを感じることもあるのです。

 もし物損事故で処理することやそもそも警察に届け出ないことを了承してしまった場合、その後に怪我の治療が必要になっても、治療費や慰謝料の請求が困難な可能性もあります。

 少なくとも警察への届け出は加害者のみならず被害者もまた法律上の義務とされていますので、怪我の有無にかかわらず交通事故が発生したときは警察に届け出て下さい。

 届け出ることで起きる不利益は考えにくく、むしろ届けないことで不利益が発生することが少なくないのです。
 また、いったん物損事故で届け出ていても、交通事故の発生から間をおかずに診断書を警察に受理してもらうことができれば、人身事故に切り替えてもらえます。

 弁護士菅藤は、福岡県で人身事故に遭われた方の相談を長年受けてきております、交通事故に強い弁護士ですので、慰謝料増額交渉や後遺症申請の際にはぜひともご相談ください。
 菅藤法律事務所は大濠公園そばにあり、地下鉄を利用した市内からの交通アクセスも便利です。また、法律事務所1階には無料駐車場を完備しておりますので、福岡県内から自動車でお気軽にご来訪いただけます。