追突事故の示談金交渉はお任せください

 福岡県で発生している交通事故のうち、発生件数が最も多いのは追突事故です。交通事故全体のうち半分を占めています。

 追突事故というのは、被害者に原則として過失がない事故に分類されています。ということは、被害者が自動車の運転中にいくら注意を払っていても、追突事故に遭うか遭わないかは相手次第ということになります。
 自分が追突事故の加害者にならない為に、居眠り運転や脇見運転をしない、車間距離に注意を払うことは出来ます。
 しかし、前方にいる自動車が理由の無い急ブレーキを踏んだ場合を除き、追突される自動車の運転者には「これをしておけば追突事故を回避できた。あるいは、追突されることを予測できた」という事情が見当たらないのです。

 ところで、自分は自動車保険に入っているから、自分は交通事故の被害者だから、自己の自動車に付けている任意保険会社が示談金の交渉に動いてくれる、と誤解される方もいらっしゃいます。
 実は追突事故のように被害者の過失割合が0%の場合、弁護士費用特約がある場合を除いて、任意保険会社が被害者のために示談金の交渉を代行することができないのです。
 そのため、経験も知識も備えていない被害者自身が加害者側の損保会社と示談金交渉を行わなければならず、加害者側の損保会社のペースで交渉が進んでしまい、被害者が十分な示談金を獲得しそこなうことも非常に多く見受けられます。

 もし、追突事故の被害者になったり、ご家族が被害に遭われた場合には、弁護士費用特約の有る無しに関わらず、できるだけ早い時期に交通事故事例の経験豊富な弁護士に相談されることをお勧めいたします。早い時期に対応することで、取り返しのつかない事態になることを防ぐことができる場合も少なくないからです。

 菅藤法律事務所は福岡市の中心部の大濠公園そばにあります。法律事務所1階には無料駐車場完備しておりますので、自動車で来られる方も安心してお気軽にご相談ご依頼ください。