福岡市早良区で起きた死亡事故について

 福岡市早良区にはハーフミラーで覆われたシャープな外観の、海浜タワーとして日本一、高さ234mを誇る福岡タワーが立っており、展望室からは福岡市街や博多湾が一望のもとにみわたせます。

 さらに、福岡市早良区には福岡市博物館もあり、ガラスの宮殿をおもわせるシンメトリックな外観が印象的な西日本最大規模の博物館です。

 もちろんソフトバンクホークスが拠点とするヤフオクドームもあります。

 

| 福岡市早良区で起きた死亡事故について

 そんな文化の薫り高い福岡市早良区でも死亡事故が起きることがあります。

 国道202号を直進中の大型バイクが、路外の店舗から国道上に現れた自動車に衝突され、バイクに乗っていた男性は全身を強く打って、交通事故の約2時間後に亡くなられた死亡事故がありました。亡くなられた被害者のご冥福をお祈りします。

 バイク乗車中の交通事故被害の場合には、クルマと異なり、身体が外部に露出していますので、骨折や重い後遺症が残ったり、最悪の場合には死亡に至る危険があります。

 そのほか、早良区に限らず依然として飲酒運転が多く、死亡事故の被害者に歩行中の高齢者がなる場面も増えています。

  大切な方が交通事故で亡くなられた時、遺族はどのようにしたらよいのでしょうか。

 突然家族がいなくなる事態に巻き込まれた時、遺族は大変深い悲しみにつつまれます。
 どうしていいのか途方にくれてしまったり、交通事故の事は思い出したくないという遺族の方も多いと思いますが、亡くなった方のためにも安易に権利を放棄しないようにしなければなりません。

 死亡事故の場面で、被害者の遺族が請求できるものは葬儀費用,逸失利益、入院費用、被害者本人の慰謝料と遺族固有の慰謝料など多岐にわたります。

 法律相談の料金は弁護士費用特約に入っていれば特約会社が負担してくれますし、仮に特約に入っていなくても、依頼した場合の弁護士費用は回収額からの後払いという形でご依頼いただけます。
 以前も早良区にお住まいの死亡事故のご遺族からもその形で安心してご依頼いただきました。

 1階に無料駐車場もございますので、悩まず勇気を出してぜひ死亡事故に強い菅藤弁護士にご依頼ください。