福岡市西区の玉突き事故なら菅藤法律事務所へ

交通アクセス 御依頼者の声

福岡市西区の総人口約20万人います。北側は博多湾に面しておりは福岡市西区にある愛宕神社から博多湾の眺めがとても素晴らしいです。

 市街地中心部から国道202号線を西に約30分,のところに生の松原があり、弓状海岸で白い砂と松の緑、紺碧の海が見事なコントラストで夏は海水浴や釣りにたくさんの人が訪れています。

|早期相談・早期解決

まさか自分が交通事故に遭うとは、みなさん思ってもないかもしれません。若い方からかなり年齢の高い方まで安全な乗り物として毎日便利に自動車を使っている方は大勢いらっしゃいます。

 西九州道拾六町の出口付近で以前に3台の玉突き事故が発生しており、現場は一時通行止め現場検証などでかなりの大渋滞になっていました。
同じく今宿出口付近でも車の接触事故が発生しており高速道路の出入り口などは、交通事故が頻繁で多いことが日常からも感じられます。

 玉突き事故などは自分が逃げようにもいきなり後ろの車が突っ込んできたり、前後の車に挟まれ逃れられなくて巻き込まれてしまい交通事故の被害者になってしまった方も少なくはないです。

玉突き事故は前後の車の被害だけでなく、車には親子やカップル家族ずれで同乗していたり複数におよんで被害が大きいことがよくあります。

 強烈に記憶に残っているの事案は福岡市中央区の橋の上で後ろからの飲酒運転の車に追突されぶつかった車に同乗していた子供が海に放りだされて亡くなった事件があります。

また玉突き事故で身体を負傷し2~3日してから身体のあちこちが痛むということもあります。
 若い方とは違い軽い接触のように感じても高齢者の場合、年を取るごとに反射神経が鈍くなってうまくよけたはずなのに気が付いたらシートベルトをしていても複雑骨折や背骨の圧迫骨折になっている場合もあり、重傷を負うことも少なくありません。

 玉突き事故の場合、過失割合も複雑ですので交通事故に強い弁護士に相談してください。

20年以上交通事故を扱っていますのでいろんなケースを見てきました。玉突き事故などでつらい思いをされている方の相談を受けつけております。玉突き事故でお困りの方に適切な補償が行けられるように全力でサポートします。

福岡市西区 玉突き事故