自動車事故の慰謝料

自動車 慰謝料もし、自動車事故に遭って、入院・手術ということになれば、その費用だけでなく、明日からの生活費はどうなるのだろうと不安に思うものです。自動車事故による怪我の治療が済んだからと言って、リハビリのために通院することもあるでしょうし、自動車事故による後遺症が残り、職場に復帰できないこともあるでしょう。もし、復帰できたとしても、後遺症を抱えての就業は厳しいもので、自動車事故に遭う前と同じだけの収入を得ることができるかどうかも心配です。

そんな不安を取り除いてくれるのが、慰謝料ではないでしょうか。自動車事例の加害者に対して、それ相当の慰謝料を請求し、自動車事故に遭う前と同等の生活が送れるような慰謝料を保証してもらいたいと思うものです。ところが、必ずしも、加害者側が示す慰謝料に納得できるとは限りません。自動車事例の慰謝料については、損害保険会社から慰謝料の金額を提示されるでしょうが、とても満足できるはずのない慰謝料の場合もあります。さらに、自動車事例被害者の中には、半ば諦めて示された慰謝料をそのまま受け入れてしまうケースも多いようです。

自動車 慰謝料

特に自動車事故の場合は、過失相殺がカギとなって慰謝料の金額を左右することもあり、納得いかない過失相殺は、一度弁護士に相談することをお勧めいたします。また、慰謝料には治療費が関わって来るわけですが、入院・通院に掛かる費用をすべて明確にして請求することはもちろんですが、慰謝料の金額を気にして、完治していないのに自動車事例による後遺症の治療をやめてしまうようなことは避けたいものです。そして、自動車事例による後遺障害も、もちろん慰謝料に反映されるはずですが、後遺障害の等級によって慰謝料が大きく変わることがあります。これまでも、弁護士が入り納得いかない後遺障害等級の変更を勝ち取り、慰謝料の増額に成功したことがあります。

交通事故に遭えば、被害者でありながら思い悩むことも多く、安心して治療に専念できるように、ぜひ弁護士に相談することをお勧めいたします。そして、福岡で自動車事故の慰謝料についてお困りであれば、自動車などの交通事故を専門としている福岡市中央区の菅藤法律事務所にご相談ください。