交通事故死の遺族の味方に

事故死 遺族大切なご家族が交通事例に遭い、事故死という結果を迎えてしまった時、ご遺族にとっては加害者への憎しみも大きく、割り切れない思いに駆られることでしょう。福岡市でも、車を運転中の事故死や歩行中の事故死などで、数十名の方が命を亡くされていますが、中には悪質な飲酒運転の被害に遭って、交通事故死となってしまったケースもあります。そして、交通事故死のご遺族の気持ちの整理に関わらず、加害者側の保険会社からの交渉が始めることは、ご遺族には避けられないことであり、失意のうちに事故死の慰謝料や損害賠償などの交渉が行われるのは、ご遺族も耐え難いものがあるのではないでしょうか。

実は、事故死の被害者となった場合、被害者本人が死亡していることもあり、交通事例の状況がわかりにくく、加害者側の言い分が通ってしまうことも少なくありません。しかも、ご遺族は、ご家族を亡くされたばかりで、納得いかない言い分に対抗する気力など持てないものです。そんな時は、ぜひ専門家である弁護士の力をご利用ください。もちろん、交通事故死に限らず、遷延性意識障害などで被害者が意思を表すことができない場合なども、加害者側の言い分に偏らないように、弁護士を間に入れることをお勧めいたします。

事故死 遺族

また、交通事故死によって残されたご遺族の生活が一変することもあり、そのご遺族の生活を支えるのが損害賠償ということになります。ただ、ご遺族にとって交通事故死直後は、お金で解決することへの抵抗から、交渉の場に立ちたくないと思われるケースも多いものです。そのために、ご遺族が保険会社から言われるままに事故死の損害賠償を受け入れてしまうケースも多く、経済的な不自由さを強いられてしまうこともあります。交通事故死から時が立ちご遺族が冷静になった時、あの時もう少し納得いくまで話し合いをすればよかったと思われるご遺族もいます。そうならないために、事故死後の保険会社との交渉には、ご遺族だけで問題を抱えずに、交通事例に強いと言われる弁護士に相談することをお勧めいたします。

福岡で事故死の遺族という立場に立たされた時は、多くの交通事故後の問題に取り組んできた菅藤法律事務所にご連絡ください。