アンケート~佐賀市40代男性の交通事故(12級)

   初めての交通事故で不安だらけなところに、後遺障害が残るケガを負い、症状固定した後、事故相手(損保)から提示された補償金が異常なまでの低い額に唖然とし、菅藤先生に相談させていただきました。
幸いにも、私が加入している保険に弁護士特約が付いており費用面に不安なく、示談をお願いできました。
遠方にも関わらず、診察、治療した医師への面談からヒアリングやその内容から裁判への感情的でなく理論的な裏付けの資料を作成して頂き、裁判を起こし、満足のいく賠償金を頂くことができました。
ありがとうございました。

02

    著しい耳鳴が常時残存するとして、12級相当の事前認定を受けられた被害者です。オージオグラムの読み方から基礎的文献を紐解き、裁判官への説明を丁寧に試みました。
また、労働能力喪失の実態を把握してもらうために、具体的な生活や仕事における耳鳴による支障を事細かに拾い上げる作業を行いました。
さらに、労働能力喪失期間について、器質的損傷が見つからないことから短期間にとどまるはずだとの主張に対し、その主張が医学的根拠を伴わないことを喝破し、当方の請求額にほぼ沿った、就任前の損保会社からの提示額の数倍にわたる金額での和解勧試が裁判所からなされ、ご依頼者に納得いく形で解決しました。