アンケート~糸島市50代女性の交通事故を弁護士が解決

 ご相談にうかがったときから、マイナス面があること、その理由をはっきりと簡潔に説明していただきました。
 経過の中でも、折に触れ理由をわかりやすく説明していただき、感謝しています。根気よく接していただき、ありがとうございました。
 何かあったときは先生にお願いしたいと思います。
161107%e7%b3%b8%e5%b3%b6%e5%b8%8250%e4%bb%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7om%e5%b2%a1%e6%9c%ac インターネットで交通事故に強い弁護士を探してご依頼いただきました。さいわい弁護士費用特約に加入されておられたので、弁護士費用も自己負担無しで終了しました。

 相談当初からマイナス面があることの説明を受けたとの由ですが、治療のほとんどが整骨院で、しかも、並行して時折通っている主治医の施術同意がなかったのです。
 見通し甘く訴訟などをすると、この点を厳しく相手損保に突っ込まれるリスクが危惧されたので、交渉の段階で解決する必要が高いことを、当初相談の際に説明しました。
 
 そのほか、ご依頼者は家庭の兼業主婦だったのですが、交通事故後もフルタイムで勤めている仕事をご依頼者が全く休んでいないことを相手損保が把握しており、といっても、整骨院に頻繁に通っていることからは主婦業に相応の支障があったことは否めないわけなので、主婦としての休業損害の請求にどう反映させるかも率直に申し上げてかなり苦労しました。それでもなんとか主婦としての休業損害を認定させることに成功しました。

 さらに、相手損保は、ご依頼者さまが乗っていたクルマの運転手がご依頼者さまの実の娘(ただし結婚により既にご依頼者さまとは別居)であったことから、ご依頼者さまの実の娘の過失を斟酌して過失相殺すべきではないかと指摘してきたのですが、その指摘はいくつかの裁判例に照らし誤っていると相手損保を説き伏せて、相手損保の指摘を撤回させることに成功しました。

 加害者の加入する自賠責保険と、ご依頼者の実の娘に適用できる自賠責保険の2口を共同利用するという特殊な手続を経る必要があったので、論点が単純である割には思いのほか解決までの時間を要したのですが、当初の目論見とおり交渉で解決することができて安心しています。