福岡の弁護士 相談訴訟に強い 菅藤(かんとう)法律事務所

その他の取扱業務

 
 

その他の取扱業務

so-001
   債権回収会社の顧問経験を活かし、多数の債権回収事案のみならず、強制執行事件、労使紛争や顧客からのクレーム対応などを経験しております。

   契約書や覚書の作成や内容チェックは日々の顧問業務の中で迅速・丁寧に対処させていただいております。
企業法務に詳しい弁護士と電話・メール・FAXなどを利用して日常的に接する機会を設けておくことで、トラブルを未然に防止する、迅速な解決ができる可能性が高まります。
   私は交通事故案件以外にも、実務家にとって有用と認められる価値ある裁判例を幾つも獲得し、判例雑誌にとりあげられております(以下は一例です)。
私の豊富な経験と着実な実績はこのことからもおわかりいただけるのではないでしょうか。

・福岡高裁平成17年6月14日判タ1213号174頁
(執行妨害における損害の算定をめぐって)
・福岡地裁平成21年12月25日判時2101号93頁(請負代金をめぐって)
・福岡高裁平成22年11月11日自保ジ1850号172頁(火災保険金をめぐって)
・福岡地裁平成23年2月17日金商1364号31頁(会社分割と法人格否認)
・福岡高裁平成24年10月18日判時2199号27頁
(投資話における勧誘者の不法行為責任の成否と被勧誘者の過失度合)
・福岡地裁平成26年8月8日労判1105号78頁
(未払残業代不払と、取締役個人による賠償責任の成否)
・福岡高裁平成27年5月29日判時2270号39頁(介護中の窒息死)

   企業の場合、弁護士に支払う顧問料は全額経費として処理できますし、法律相談を何度利用しても無料です。
企業の規模や相談頻度などに応じて、基準とは別枠を設けている企業も複数ございます。ご遠慮なくお問い合わせください。

so-002
宅建業者や建設会社の顧問経験を活かし、多数の借家(賃料不払)や不動産取引をめぐる事案、建築紛争を経験しております。
so-003
まさに「争族」という言葉がピッタリの、身内同士であるがゆえの感情の入り混じったトラブルに巻き込まれることは、皆避けたいのですが、どうしても避けられない場合もございます。

心身に労苦を伴う遺産相続に、法律を使った適切な対応をなすために、日々最新の知識を吸収駆使して業務にあたっております。

お問い合わせリンク


>>> 法律事務所の1階に無料駐車場あります。お気軽にご利用ください。

tel-001
PAGETOP